これだけは知っておきたい おまとめローンの審査

便利なキャッシングも気が付けば複数の金融機関から借入を行っていた、そんな状態に陥ってしまうと金利もそれなりに高くなっている為に、利息ばかりを払う事になり元金が全然減らない、そんなケースに陥る方は多いようです。

そこで登場したのが、おまとめローンと呼ばれる金融商品です。おまとめローンの特徴は、複数の債務を一本化する事で金利と毎月の返済負担を少なくさせる事が期待できます。その反面、審査基準は一般のローンよりは厳しいと言われます。

そこで今回は、おまとめローンの審査について大切なポイントをご紹介したいと思います。

過去の返済履歴

そもそもどの金融機関も、過去に延滞や未納があった方への融資は非常に厳しく見られます。

延滞があるということは、つまりは返済不能に陥る可能性が高いと判断されるからです。反対に、延滞や未納が無く、しかも繰り返し利用されている方については、審査での評価は高くなりやすいと言えます。やはりお金の貸し借りは信用一番という事です。

ちなみに過去の延滞記録は個人信用情報に登録される為、ごまかす事はできません。

年収と現在の債務残高のバランス

基本的におまとめローンの審査を受けるためにはかならず年収が必要になります。

一般的には、多くの金融機関では年収の審査基準が200万円以上と定めている場合が多いです。ですので年収は多ければそれだけ有利といえます。ただし注意したいのが、いくら年収が多くても借入件数や現在の債務残高が多ければ審査は厳しくなるとといえます。

つまりのところ、おまとめローンの審査を受ける際には、年収と債務残高のバランスが大切になるという事です。

他社借入件数と多重申し込み

先にも少し触れましたが、他社での借入件数が多ければそれだけで信用度が低くなります。

金融機関によっては、他社借入件数は何件まで、という決まりがあるようです。例えば1社から100万円借りている方と、3社から合計100万円借りている方がいるとします。当然、初めから100万円など多額の融資はそう簡単には実行する事ができません。

安定した返済と何回にも及ぶ利用実績があるからこそ、多額の融資が可能になります。つまりは前者はそれだけ信用度が高いという事です。一方、後者の場合は少額融資を複数社利用しているという事は、なんらかの問題を抱えていると判断されてしまいます。

ですので、おまとめローンを利用する時にはそれだけ他社借入件数は3件以内におさえておく事が望ましいといえます。又、短期間のうちに複数の業者に申し込んでしまう、多重申し込みも注意します。この場合にもやはり信用度が低くなってしまいます。

間違ってもおまとめローンの審査は不安だからといって一度に複数申し込みする事は避けましょう。この様におまとめローンは、融資額が大きくなりがちです。当然のことながら融資額が大きくなればなるほど。

それだけ審査基準も高くなりますので、以上な様なポイントをおさえておく事が非常に大切となります。

フリーローンでも「借り換え・おまとめOK」の三井住友銀行カードローンは選択肢として最適です。