借金の時効にも色々とあります

借金にも実は時効があります。そもそも時効という制度自体、現代社会において弊害がありすぎるといわれている制度ではありますが、それでもある以上は注意しておいたほうが良いでしょう。これは貸すときもそうですし、借りるときにもそうです。

ちなみに個人から借りたのか、業者から借りたのか、ということによって時効が違います。金融業者の場合は5年が時効になります。個人からの場合は10年です。

これは金融業者はそれが仕事であるわけですから、しっかりとした請求業務を行うであろう、という考えに基いています。ちなみにこうしたことをいいますと勘違いする人がいます。

つまりは、5年間無視をすれば金融機関からの借り入れがなかったことにできる、ということです。そうではなく、請求をされた場合はリセットされますから、実際の所、金融機関側のミスで時効になる、ということはありえないです。

ちなみにいくつか注意するべきことがあります。その一つとして、返済があります。時効を狙っている人の場合、一度でも返済行為を行いますとそこからまた時効がリセットすることになります。

そもそも時効なんて狙うことが正しいというわけではありませんが、これは債務の承認という行為になりますから、時効がそこで振り出しに戻るようになります。これが注意点となります。よく時効のために逃げる、という人がいますが、はっきりいって、かなり長いです。

どんな借金の性質であるのかというのにもよりますが、基本的にはどうしても支払う能力がなくなってしまったのであれば素直に個人再生なり自己破産をしたほうが建設的であるといえます。

時効は確かにありますが、それを狙って行動をすることは道義的にもよくないですし、確実に金融信用情報を傷つけることになりますから、上手くいったとしてもその後の人生に大きくマイナスの影響を与える可能性のほうが高いです。

むしろ、債務整理系の法律に頼ったほうがよいでしょう。